FC2ブログ

ASKA事件!逮捕された第二の女はやはりパソナだった!誰?名前は?顔写真&画像!

ASKA被告第2の女、覚醒剤使用容疑で書類送検!栩内香澄美だけじゃない!やはりこいつもパソナだった!一体誰なのか?名前、顔写真、画像などその正体にせまる!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

ASKA とちない 行為 ASKAが裏社会から怒りを買っている理由


ASKA とちない 行為 ASKAが裏社会から怒りを買っている理由



9月12日に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が下されたASKA元被告。だが、裏社会からは「ASKAの野郎だけは絶対に許さない。地獄に叩き落とす」という声が上がっているという。というのも、ASKA氏が取り調べにおいて入手ルートを事細かに暴露したことが、裏社会のタブーを犯してしまったようなのだ。その事情をある関係者に聞いてみた。

「田代まさしや清水健太郎は若い頃から裏社会と付き合いがあるから肝も据わっていて、そこらへんはよくわかっていた。一方、ASKAはさんざんヤクをやっておきながら自分の罪を軽くするためだけに我々を売った。今、我々の間では『そもそも、どうしてあんなヤツに売ったんだ』と責任問題にまでなっていますよ」

 また、ASKAと同様の案件で逮捕された人物も、裏社会のタブーを以下のように語ってくれた。

「自分のときは、警察も検察も問答無用で“営利”までつけて判決が出ましたよ。販売目的ではなく所持していただけなのですが、持っている量だけでそう認定された。でも、芸能人だと甘くなるのは正直、納得がいかないですよね。どう考えても、警察に暴力団の情報を流して罪名を軽くしてもらったとしか考えられないよね。仲間も、逮捕されたときに司法取引的なことを言われたことがあるって言っていたしね。売り主をチクるなんて俺らの世界では言語道断」

 ほかにも、同様、ないしはさらに過激な発言もチラホラと聞かれる。裏社会を大混乱に陥れたASKAに平穏が訪れるのは、まだ先のことになりそうだ。

カテゴリー:ASKA とちない 行為
テーマ:無修正動画  ジャンル:アダルト

栩内香澄美は名器 askaシャブセックス動画が流出!一家離散 栩内香澄美容疑者に溺れたナースプレイ


栩内香澄美は名器 askaシャブセックス動画が流出!一家離散 栩内香澄美容疑者に溺れたナースプレイ



「結局奴は、シャブだけでなく、彼女のオ××コにも溺れてしまったんだな。モノ凄い“名器”だというし、“ナースプレイ”にもハマっていたみたい」(音楽関係者)

 ASKAと共に覚せい剤取締法違反で逮捕された栩内香澄美容疑者は、人材派遣大手『パソナグループ』南部靖之代表の“お気に入り”に抜擢され、政財界の要人や芸能人の接待要員に。ここでASKAと栩内容疑者は出会ったようだ。
 「東京・港区元麻布にある“仁風林”という和風の施設です。ここで2人は1年半ほど前、ゲストとコンパニオンとして出会ったようです。ちなみに南部氏は、ASKAの大スポンサーです。清楚な雰囲気を持ちつつ、Eカップ巨乳の栩内容疑者にASKAは初対面で“イカれて”しまったようです」(ワイドショー関係者)

 栩内容疑者は、青森県南津軽郡藤崎町出身。
 「妹がひとりいる4人家族。目鼻立ちのハッキリした顔立ちとスラリとしたスタイルで、中学時代から男子生徒たちの憧れの的だったそうです」(芸能記者)

 高校は弘前実業の商業科に進学。
 「ここでも、男子だけでなく女子にも大人気。彼氏もいたようです。ただ、この頃母親が白血病に倒れ、生活が苦しくなったことから、金銭に執着するようになり、“お金のためなら嫌いな男とでもエッチする”と話していたようです」(写真誌記者)

 この栩内容疑者と高校で同学年だったのが大相撲の振分親方(高見盛)だ。
 稽古場で報道陣から「知り合いか?」などと質問攻めに遭い、普段は温厚な親方も「全然知らない! まったく!」と超激怒。
 「女子部と男子部があるし、相撲部で一緒だった人くらいしかハッキリ覚えていない。弘前実業出身者と(報道で)出るだけで嫌。情けなくて涙も出ない。まったく、もう!」と吐き捨てた。

 さて、ASKAと栩内容疑者は知り合って間もなく“シャブセックス”に溺れていった。
 「ASKAは、元女子アナだった夫人に似ている栩内容疑者に“シャブセックス”の気持ち良さを丁寧かつ執拗に解説したようです」(芸能記者)

 そして今年に入ると、栩内容疑者の部屋から「アー」「ヤー」という奇声やドスン、ゴツンと物が床や壁に当たったような音が聞こえてくるようになったという。
 「彼女が住んでいた港区南青山のマンションは、シングル向けのマンション。週末、土曜か日曜の深夜、ASKAが彼女のマンションを訪れてはシャブセックスを堪能。早朝、目黒の自宅へ帰って行くというパターンが逮捕されるまで続いたのです」(芸能記者)

 −−朝まで7時間、入れっ放しセックス−−
 「シャブは1人でやるより2人の方がより興奮します。

それがセックス絡みならもっと気持ち良くなる。ですから、使う人の8割ぐらいがセックス目的。体全体が性感帯になるから、いつでもセックスができる。水だけ飲んで3日3晩セックスしていたなんて話も聞きます」(同)

 栩内容疑者も、回を重ねるごとにシャブセックスにハマっていったことは想像に難くない。
 「彼女は出向先の会社のホームページに看護師の格好をして登場していたことがありましたが、ASKAはこの“ナースプレイ”が大好きだったそうです」(テレビ局関係者)

 ナース服姿のままで、バックで肉棒注射!! 残念ながら2人は、我を忘れてしまったようだ。

カテゴリー:栩内香澄美 名器 動画
テーマ:無修正動画  ジャンル:アダルト

ASKA 47歳 音楽関係者 栩内被告とは別の女が逮捕、書類送検。名前は佳つ乃?その正体は?書類送検の裏にまたもパソナが。


ASKA 47歳 音楽関係者 栩内被告とは別の女が逮捕、書類送検。名前は佳つ乃?その正体は?書類送検の裏にまたもパソナが。



今年4月、覚醒剤を使用したとして人気ミュージシャンのASKA被告と、交際していた栩内被告とは別の40代の女が警視庁に書類送検されました。

 覚せい剤取締法違反の疑いで書類送検されたのは、ASKAこと、宮崎重明被告(56)と、ASKA被告と交際していた音楽関係の会社に勤める47歳の女で、今年4月下旬、東京都内で覚醒剤を一緒に使用した疑いが持たれています。

 女の毛髪からは覚醒剤の陽性反応が出ていて、2人はいずれも容疑を認めているということです。

 ASKA被告と女は、仕事を通じて20年ほど前に知り合い、数年前から覚醒剤を一緒に使用していましたが、女は当初、覚醒剤と知らなかったということです。

 一方、警視庁は、ASKA被告に覚醒剤を譲り渡したとして、住吉会系暴力団幹部・安成貴彦容疑者(47)とASKA被告の知人・柳生雅由容疑者(64)を再逮捕しました。

 安成容疑者らは今年5月、ASKA被告が運転する乗用車の車内で、覚醒剤およそ3グラムを30万円で譲り渡した疑いが持たれています。取り調べに対し、安成容疑者は容疑を否認していますが、柳生容疑者は容疑を認めているということです。

ASKA被告の口からポロッと出てきたもう一人の愛人。


ASKA容疑者も栩内香澄美容疑者も警察の事情聴取では一緒に覚せい剤を使用していた事を否認していました。


では誰とシャブを利用しキメセしていたのか?と警察が躍起になって調べている所に、ASKA被告本人の口から別の女と覚せい剤でキメセしていたとの供述があったんですね。


その別の女は元舞妓と言います。


現在は舞妓を辞めているそうですね。


しかし、この方、ずっと舞妓をしていた訳ではありません。


後述する例の場所の接待要因だったとか!?


この別の女は昔、郷ひろみさんや伊集院静さん、高橋克典さんらとの熱愛が取り沙汰された佳つ乃さんとの噂が有力です。

ネット掲示板での評判はあまりよくない様子…

18 : 重要無名文化財
佳つ乃さんのブログで一緒にアメリカ旅行された方は芸妓さんですか?
素顔だとわからないのですがどなたでしょう?
2013/10/19(土) 12:41:57.73
19 : 重要無名文化財
お店の女の子かと
2013/11/06(水) 17:30:26.45
20 : 重要無名文化財
ビックリした
もう祇園の人じゃなくなってたんですね
伏見稲荷に大きい鳥居立ってますけど
祇をん 佳つ乃 って・・・
2013/11/23(土) 23:07:25.49
21 : 重要無名文化財
最近行ってないけど
まだボッタクリやってるの?

そんな彼女について、「祇園を追放された」と話すのは、約30年にわたって祇園に通う寺院関係者だ。

「辞めさせられたのは昨年末のことです。原因は簡単に言えば、行儀が悪かったということですわ。建前は“芸妓引退”なんですけど、実際は、彼女が所属する祇園甲部芸妓組合から辞めるように迫られたわけです」

 15才でこの世界に飛び込んだ佳つ乃は、16才のときから各界の名士と接してきた。彼女のお座敷には歌舞伎、映画関係者、京都の財界人などが名を連ねた。

 そんな彼女の名を世に知らしめたのが1985年の郷ひろみ(57才)との熱愛報道。その後も伊集院静(63才)や高橋克典(48才)らと浮き名を流した。彼女は芸妓を続ける傍ら、2010年に和風ラウンジ『祇をん 佳つ乃』をオープンさせている。

「1人15万とか20万円取られたとか、店の評判が芳しくないんですわ。私も“ワイン飲みまひょか”とか言われて、うなずいたらボトルが出てきて…。そしたら帰るとき、値段見て目ん玉が飛び出ました。
彼女は交友関係も広く、彼女自身に会いたいとやってくる客も多かったため、永年育まれた“一見さんお断り”の伝統を守れなかった。お金についての評判もあったし、これでは祇園の格を落とすと組合から引退を勧められたわけや」(常連客のひとり)

カテゴリー:ASKA 47歳 音楽関係者

ASKA 第二の女 誰 覚醒剤陽性“第2の女”書類送検のカラクリ


ASKA 第二の女 誰 覚醒剤陽性“第2の女”書類送検のカラクリ



ASKA被告有罪の裏で、“第2の女”の処分が着々と決まっていた。 女は都内でASKA被告(56=本名・宮崎重明)と一緒に覚醒剤を使用した疑いがもたれ、毛髪から覚醒剤の陽性反応も出ている。

 任意の調べに対し、「ASKA被告から勧められて一緒にやった」と容疑を認めていて、来週中にも書類送検される見通しだという。

「女は東京都内に住む40代の女性で、ASKA被告とは20年来の仲だといいます。当初は一緒に逮捕された栩内香澄美被告と同じ<パソナ関係の人物か>というウワサがたっていましたが、実際はパソナや栩内とは関係ないようです。今回の女は、バツイチの一般女性とか、ASKAの音楽仲間ともいわれています」(捜査事情通)

 女に関する情報は伏せられている。不思議なのは、なぜ覚醒剤使用を認めていない栩内被告が起訴されているのに、罪を認めている女が名前も出されず、書類送検なのかだ。

 元兵庫県警刑事の飛松五男氏が言う。
「警察と女の間に何らかの裏取引があったのだと思います。薬物や暴力団関係の事件では、周辺情報を引き出すため、捜査協力の代わりに情報提供者の処分を軽くするといったことはよく行われます。情報提供者を守るため、名前を出さず、書類送検の処置を取ることが多く、有力な情報であれば、不起訴になることもあります」

 覚醒剤を使ったことを認めているのに不起訴だとしたら、どうにもふに落ちない。

 警視庁は4月に覚せい剤を使用したとして、この女を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で来週、書類送検する方針。女は都内在住の40代で、ASKA被告とは約20年前に知り合ったといい、任意の聴取に「ASKA被告に勧められて、一緒に覚せい剤を使った」と供述。法曹関係者は「この女の供述は、起訴内容を全面否認している栩内被告の裁判に影響しそうだ」と指摘している。栩内被告の次回公判は10月2日に開かれる。

カテゴリー:ASKA 第二の女 誰
テーマ:無修正動画  ジャンル:アダルト

ASKA 第二の女 名前 やはりパソナだった!名前は「きのした」?覚醒剤使用容疑で書類送検へ


ASKA 第二の女 名前 やはりパソナだった!覚醒剤使用容疑で書類送検へ



ASKA被告と交際していた栩内被告とは別の40代の女の毛髪から覚醒剤の陽性反応が出ていたことがわかり、警視庁は近く、この女を覚醒剤使用の疑いで書類送検する方針を固めました。

 ASKAこと宮崎重明被告(56)をめぐっては、覚醒剤使用の罪で公判中の栩内香澄美被告(37)とは別に、もう1人、交際相手の女の存在が浮上していました。交際していたのは東京都内に住む40代の女で、ASKA被告とは20年ほど前に知り合ったということです。

 女は任意の事情聴取に対し、「ASKA被告に勧められて一緒に覚醒剤を使った」と話していましたが、警視庁へのその後の取材で、この女の毛髪から覚醒剤の陽性反応が出ていたことがわかりました。

 警視庁は、この女がASKA被告と共に今年4月、覚醒剤を使用した疑いが強まったとして、近く書類送検する方針です。

このASKA,第二の女の正体はなんと…!
・栩内被告が秘書をしていた会社の関連企業の元役員
・年齢は40代
パソナグループの「金庫番」だったが2014年3月に退社
・勤務先を退社後、所有していた同社の株を売却→かなりの売却利益を得た。

金庫番だった女はとちない容疑者の元上司で、N氏(パソナのトップ、南部氏か?)の女だったらしい、名前きのした

懲役3年執行猶予4年の判決が言い渡されたASKA被告
 覚せい剤取締法違反などの罪で起訴された、男性デュオ・CHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)被告の判決公判が2日、東京地裁で開かれた。植村幹男裁判官は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の有罪判決を言い渡した。

 ASKA被告は7月3日の保釈時と、8月28日の初公判時と同じとみられる黒いスーツにネクタイ姿。判決は落ち着いた様子で聞き、執行猶予判決の内容を確認されると、「はい」と答えた。声はかすれていた。


ASKA被告の判決後のコメント=2014年9月12日
 覚せい剤取締法違反などに問われた男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)は12日、東京地裁(植村幹男裁判官)で懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)の有罪判決を言い渡された。ASKA被告が判決後に出したコメント全文は次の通り。

   ◇

 私は、本日、裁判所より、執行猶予付きの有罪判決を受けました。

 判決を受け、罪の重さをあらためて認識いたしました。

 私は、現在医師の指導に従って治療を受けております。

 本日の判決を真摯(しんし)に受け止めて、家族の支えのもとで人として立ち直り、健康を取り戻す決意です。ファンの皆さま、関係者の皆さまにおかれましては、直接おわびを申し上げることに代えて書面でコメントさせていただきますことを、どうかお許し下さい。

 あらためまして皆さまに心よりおわび申し上げます。申し訳ございませんでした。

      ASKA

カテゴリー:ASKA 第二の女 名前
テーマ:無修正動画  ジャンル:アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。