FC2ブログ

ASKA事件!逮捕された第二の女はやはりパソナだった!誰?名前は?顔写真&画像!

ASKA被告第2の女、覚醒剤使用容疑で書類送検!栩内香澄美だけじゃない!やはりこいつもパソナだった!一体誰なのか?名前、顔写真、画像などその正体にせまる!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告

■動画はこちらから!■ASKAのシャブセックス動画が流出… 「避妊せず」で無罪主張も…ASKA愛人・栩内被告の苦しすぎる弁明


■動画はこちらから!■ASKAのシャブセックス動画が流出… 「避妊せず」で無罪主張も…ASKA愛人・栩内被告の苦しすぎる弁明



いよいよ土俵際に追い込まれたか。覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けたASKA(56)の愛人、栩内香澄美被告(37)の第3回公判が2日、東京地裁で開かれた。

 栩内被告は陽性反応が出た尿の鑑定結果に関して、「性行為で避妊せず、ASKAの精液が混入した」と主張してきた。この日は、その主張を巡る検察側との攻防が注目された。栩内被告の尿鑑定を担当した科捜研の鑑定人は、「(ASKAの)精液に覚醒剤が排出されたとしても、非常に微量。覚醒剤が検出されるほどの絶対量はない。(精液が栩内の尿に混入し、検出されることは)ないと思います」と反論した。

 栩内被告は第2回公判で、「寝ている間に(覚醒剤を)吸わされたかもしれない」と話し、自宅のエアコンのフィルターから検出された成分に関して、「ASKAが隠れて覚醒剤を吸引した際にフィルターに付いた」と主張していた。苦しい言い訳にしか聞こえず、既に裁判官の心証は真っ黒ではないか。

■「真実を貫きたい」

 科捜研で23年間勤務し、5000件以上の鑑定経験を持つ法科学研究センター所長の雨宮正欣氏はこう言う。

「水などに溶かした覚醒剤を寝ている間に局部に塗りこめば、尿鑑定で陽性反応が出る可能性はなくはない。その他の栩内被告の主張も、全て<なくはない>と言うことはできます。しかし、一つ一つの事実がそう都合よく重なり合うかというと、微妙なところです。過去にも同じような“言い訳”をした事例をいくつも担当しましたが、無罪にひっくり返ることはほとんどありませんでした」

 栩内は弁護側の「使用を認めれば執行猶予が付くと説明を受けているか」という質問に「はい」と答えた。それでも無罪を主張し続ける理由はと問われると、「やはり真実を貫きたいから」と答えたが果たして…。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

カテゴリー:ASKAと愛人・栩内被告の流出動画
テーマ:無修正動画  ジャンル:アダルト

コメントの投稿はこちらから ♥

COMMENT-FORM

SECRET

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。